カード チラシ・リーフレット

【太田市】らーめん店様のポイントカードデザイン制作事例/チラシでスタートダッシュ後のさらなる一手

  1. HOME >
  2. カード >

【太田市】らーめん店様のポイントカードデザイン制作事例/チラシでスタートダッシュ後のさらなる一手

【太田市】らーめん店様のポイントカードデザイン制作事例/チラシでスタートダッシュ後のさらなる一手

毎度おなじみ群馬県太田市のデザイン事務所ZEROTOP DESIGN WORKSです。
今回は、太田市で人気の佐野らーめん店「一蓮」様のポイントカードデザイン制作事例をご紹介します。

人気らーめん店が仕掛ける次の一手/チラシに続く一蓮ファン拡大戦略

新型コロナウイルスの影響で飲食店は大きな打撃を受けました。

それぞれのお店が知恵を絞って、様々なアイデアや企画を立ち上げ、この難局を乗り越えようとがんばっていらっしゃいます。

太田市の人気ラーメン店「手打ち・佐野らーめん一蓮」様もそういったお店の一つ。

一蓮様は、オープン直後に新型コロナウイルスが流行し、またたくまにその悪い流れの中に引き込まれてしまいました。

しかし、「美味しいらーめんを提供できる」という最大にして最強の武器を活かすため、オープン直後にZEROTOP DESIGN WOKRSにご依頼をいただいたチラシを上手く活用していただき、ゼロから新規のお客様を集め、今や屈指の人気店として認知されていらっしゃいます。

オープン直後、「とにかくお店を知ってもらう」ための広報チラシを作成

お店が新規オープンした際は、とりあえず「誰にも知られていない」状態です。

そこから認知度を上げ、お客様に来ていただけるようにするには、まず「お店を知ってもらう、一度来てもらう」ことが必要です。

インターネット・SNSをフル活用するのはもちろんですが、まずはパンフレットやチラシなどの印刷物を作って、知人友人、取引先などに「手配りする」方法がおすすめです。

「新聞折込で大量にチラシをまけば良いじゃないか」という意見もあるとは思いますが、今や新聞自体の購読数が少なく、特に若年層を中心とした世代では、ほとんど「新聞広告を目にする」ということがありません。

しかも新聞広告の折込は非常にコストがかかるので、新規オープンで予算が少ない場合には、おすすめできる手法ではありません。

それならば、友人、知人、取引先という少ない数かもしれませんが、お店の経営者やお店のことを少しでも知っている、気にかけてくれる方に「オープンしました、よろしくお願いします」とチラシを渡すほうが、広告効果は絶対的に高いです。

佐野らーめん一蓮様オープンチラシ 表面

佐野らーめん一連チラシ表

こちら一蓮様がオープン時に配ったチラシです。

すでにロゴマーク等は決まっていらっしゃいましたので、自慢のらーめんの写真にZEROTOP作成のキャッチコピーを乗せました。

「美味い佐野らーめんは、太田でも食べられる」

一蓮様のご主人は、本場佐野の名店で修行をされた方です。

その「本物の佐野ラーメンの味が、佐野に行かずとも、太田で食べられる」、これこそがお客様にとっての大きなメリットであると思い、このキャッチコピーをご提案しました。

最下部には、お試し餃子プレゼントのクーポンがついています。

やはり、クーポンや割引はお客様にとってはうれしいことですので、チラシやリーフレットを作るような際は、キャンペーンとして入れても良いと思います。

ただ、あまりにもやりすぎると、お客様の「慣れ」にも繋がりますし、大幅な値下げなどは「商品やサービスの価値を下げる」ことにもつながりますので、注意が必要です。

佐野らーめん一蓮様オープンチラシ 裏面

佐野らーめん一連チラシ裏

B6サイズの小さな紙面ですが、一蓮様がつくるラーメンの特徴、おすすめメニュー、店主様のプロフィールと写真、お店の基本情報と必要なものはすべてコンパクトにまとめて掲載しました。

こういった印刷物の場合、どうしても隙間なく情報を詰め込みたくなりますが、それはよくありません。

「お客様に伝えたいこと」の順位付けをして、それをしっかりと情報として分かりやすくまとめていくことが重要です。

細かい説明や情報は、SNSなどインターネットを使って発信していくこともできますので、欲張る必要はありません。

夜営業でお客様の特典につながるポイントカードを作成

コロナの影響も何のその、人気店となった一蓮様は、次の一手として夜の営業時間に足を運んでくださるお客様限定の特典サービスを開始しました。

それが「夜限定ポイントカード」です。

佐野らーめん一連ポイントカード

ポイントカードデザイン表

佐野らーめん一連ポイントカード

ポイントカード裏

内容は、夜営業の時間にご来店いただいて、お食事をされた方にポイントカードをお配りし、ポイントがたまったら餃子や中華そばなどをサービスするというオーソドックスなものです。

昨今は、インターネットと紐付いた会員カードを使って「ポイントをためる」、スマートフォンアプリと連動してポイントを増やすなどといったサービスが増えていますが、そういったポイントサービスを導入するには、やはりコストがかかります。

その点、名刺サイズ・紙のポイントカードなら、導入コストを抑えつつ、時間はかかりますがしっかり効果を期待できます。

昔ながらの紙のポイントカードに、ハンコをためていく。

昭和の時代から続く日本の「らーめん文化」にも似た「伝統的なお客様特典システム」が、一蓮様のファンをより多く増やすきっかけになってくれることを願うばかりです。

お客様をあなたのお店のファンにする仕組みづくりはゼロトップにお任せください

集客軍師

あなたのお店のファンをたくさん増やすこと、常連さんになってもらうことが、安定経営には不可欠です。

その仕組づくり、企画立案、フルサポートはゼロトップデザインワークスの集客軍師ににお任せください。

ご相談はこちらから!

-カード, チラシ・リーフレット
-, ,

© 2021 ZEROTOP DESIGN WORKS Powered by AFFINGER5